シリーズ「普天間基地」第3回「民主党・鳩山政権による”県外、国外”移設案の挫折」

シリーズ普天間基地

根深い問題を抱えた「普天間基地」の移設問題に一筋の光明が見えたかに思えたのが、2009年民主党・鳩山由紀夫政権誕生の頃。
鳩山氏は衆院選挙直前に沖縄での集会で「最低でも県外。できれば国外を目指す」と発言してその後、物議を醸し出すことになる。

民主党・鳩山政権が模索した「徳之島移設案」

「実は政権交代が起こる前年に民主党は『民主党・沖縄ビジョン(2008)』を策定。その中で普天間基地の移転に関して『県外移転の道を引き続き模索すべき』『戦略環境の変化を踏まえて、国外移転を目指す』と明記されており、決して鳩山氏の独断ではありません。
ところがその後、民主党の圧勝により鳩山政権が誕生。『明治以来、初めて沖縄の声に耳を傾ける政権の誕生』に、県内は大きな期待に包まれました」(テレビ局記者)

鳩山由紀夫

オフィシャルtwitterより引用

その時、県外移設の有力候補として注目を集めたのが、鹿児島県・徳之島である。

「2009年12月頃、徳之島の町長達から『是非に』という声が上がりましたが、メディアからこの情報がもれ、危険だという反対の声が巻き起こり「徳之島移設案」は頓挫。
しかし、今から考えると米軍基地を徳之島に移すだけでは、日本国内の米軍基地問題はいっこうに解決しない。

この辺りから海外移設へと鳩山政権も舵を切っていきました」(前出・テレビ局記者)
そんな折、鳩山首相周辺で急浮上してきたのが「テニアン島」への移設である。

幻の「テニアン島」移設案

テニアン島とは、北マリアナ諸島に位置する島。サイパン島からおよそ8キロの距離にあり、面積はおよそ100平方キロメートル。戦後はアメリカの信託統治領となっている。
テニアン島

「グアムのアンドリース基地に海兵隊のヘッドクォーターがあるのに、実戦部隊が沖縄にいては意味がない。沖縄に危険な滑走路を新たに作るよりも、テニアン島のウシ飛行場を整備した方がより安全。
海兵隊全部をワンセットでグアム&テニアンに移せば、そうした問題が一挙に解決する。これはあり得ると鳩山首相周辺も当時、頭をよぎったようです」(前出・テレビ局記者)

しかし、鳩山首相は2010年5月4日、沖縄県の仲井眞知事に対し、「県外、国外」移設の断念を伝え、県民の期待を大きく裏切る結果となった。

失望した沖縄県側は、現行案の辺野古沿岸部案をも受け入れ撤回する事態に発展。

「普天間基地」問題は、さらに混迷を深める結果となった。

軍用地研究会メンバー募集

関連記事

  1. ピーフォスってなに?

    「ピーホス(PFOS)汚水放出問題」普天間基地に見え隠れする疑問と課題

  2. シンガポールvs沖縄

    シリーズ「普天間基地」第6回橋下徹私案③『”IR”によって生まれ変わった「 観光大国」シンガポール』

  3. 沖縄軍用地普天間基地

    シリーズ「普天間基地」第1回「25年経っても変わらない”世界一危険な基地”」

  4. 普天間基地が返還されない理由

    普天間返還合意25年の問題点③「普天間跡地利用計画が上手く進まない理由」

  5. 普天間基地返還

    普天間返還合意25年の問題点②「基地内の墓参に、許可は必要なのか!?」

  6. 普天間基地移設問題

    シリーズ「普天間基地」第2回「基地移設問題がこじれてしまった理由」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沖縄になかった??最新中古車ビジネス